猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2012年03月14日

原発いらない3.11福島県民大集会に参加して

福島 1

3月11日の午前10時半の新幹線に飛び乗って、
郡山で開催される「原発いらない3.11福島県民大集会」に参加してまいりました。
駅前からタクシーを拾おうと思ったら、同じく会場に向かう方々で長蛇の列!
前に並んでいた島根から来た方と一緒に乗らせて頂き、
会場の開成山野球場に向かいました。
既に大勢のお客様でいっぱいでしたが、外野席の横の階段に
何とか潜り込むことができ、シートを敷いて座りました。
外野席は除染したものの依然として線量が高いということで、立ち入り禁止。
途中から開放されましたが、子どもは入らないでくださいというアナウンスが流れました。

福島 2

福島 3

はじまりはオープニングコンサートからです。
日協音の皆さんの歌、詩の朗読、そして加藤登紀子さんの歌声は、
会場の人々の胸にしみ入るようです。
コンサートが終わるといよいよ県民大集会の始まりです。
開会のことば、呼びかけ人あいさつに続いて、
大江健三郎氏の連帯のあいさつがありました。
「日本はバブル以来、政治的、経済的義務や責任ばかり考えるようになり、
倫理的責任というものを考えなくなってしまった」という発言に深く頷かされました。
その後、会場の皆が起立し、静かに黙祷の時間を持ちました。

福島 4

福島 5

地元の方々からの訴えが続きます。
お子さんを連れ山形に避難して、家族別々に暮らさねばならなくなった若いお母さん。
部活に張り切っていたのに、転校せねばならなかった高校生。
そして飯館村の農家の方の発言には、胸がふさがれる思いでした。
「私の仕事は農家です。でももう私は農業ができないのです。
美味しい野菜を人々に届けることもできないのです。
一体どうやって生きていけというのですか」
会場から大きな拍手がわき起こり、すすり泣きももれました。
本当にどうして、こんなことに、なってしまったのでしょう…!

福島 6

福島 7

閉会後、会場の外では、ドイツから参加した方々が折り鶴を配ってくれていました。
私も二羽いただいて大切に持ち帰りました。
「原発いらない!」「自然を返せ!」「子どもを返せ!」のかけ声と
太鼓の音に合わせて、デモが始まりました。
力の限り声をふりしぼって歩き続けました。土地勘のない場所だったので
少し長く感じましたが、デモが終わった後には心地よい疲労感が残りました。
私は生きている、生かされているのだという、実感を覚えました。

福島 8

郡山の駅には美しい鎮魂の灯篭が灯っておりました。
福島の方々と触れ合い、共に歩けて良かった。
自己満足に過ぎないかも知れませんが、残されたものとして、
何をすればよいのかを考えさせられる貴重なひと時でした。
この日のことを、ずっと忘れずにいようと思います。


福島 9
posted by 橘かがり at 13:52 | TrackBack(0) | 社会・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

【ふんばろう東日本より被災地への物資支援協力のお願い】

友人から届いたメールを転載させて頂きます。
ご協力を何とぞよろしくお願い申し上げます。

******************************
被災地へのご支援協力のお願いです。
震災から10ヶ月以上経ちましたが、まだまだ支援物資を必要としている方がいます!
できる範囲のご支援を、ぜひ、よろしくお願いいたします。

お子さんがいるご家庭
http://fumbaro.org/shelter/list/child.html

お仕事道具に困っている方
http://fumbaro.org/shelter/list/job.html

冬物衣料などに困っている方
http://fumbaro.org/shelter/list/winter.html

Amazonからの手軽な支援方法!
http://wallpaper.fumbaro.org/amazon/amazonwishlist

『現地のお店で購入した物資で被災者を支援する』方法!
http://fukkoichiba.com/

posted by 橘かがり at 00:35 | TrackBack(0) | 社会・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

暑中お見舞い申し上げます。

なずな

1ヶ月ほどブログの更新を滞り、ご心配をおかけして申し訳ありません。
日増しに暑さの厳しくなる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
我が家の仔猫・なずなは、おかげさまで、暑さをものともせずに元気に成長しております。

なずな

今日は「にゃんこ・ザ・プロジェクト」のご紹介をさせて頂きます。

田代島「にゃんこ・ザ・プロジェクト」とは、
東日本大震災の津波の影響により、漁業・観光資源に大打撃を受けた
「猫島」で知られる宮城県石巻市田代島の復興を目的とした、
地元でかき養殖に携わる漁師が立ち上げた一口支援基金の事です。 

→ にゃんこ・ザ・プロジェクト

そしてこちらは「NOMOREヒバクシャみんなでウオーク」のお知らせです。 
ヒロシマ・ナガサキ・スリーマイル島チェルノブイリ・フクシマ…
その他ウラン採掘や核実験の数々により、核の被害は、
地球環境と人体への影響をもたらしてきました。
これらはすべて人為的な事によりもたらされています。
これ以上の核のリスクを回避するのも、人の手によって出来る事です。
8月6日原爆記念日にヒロシマの街を歩きます。

→ NOMOREヒバクシャみんなでウオーク

震災以来目の前の景色がすっかり変わってしまいました。
今はまだ手探りで毎日をすごしておりますが、
脱原発の社会が実現することを信じて、
できる限りのことをやっていきたいと願っています。
まだまだ暑さが続く気配ですが、皆様くれぐれもご自愛下さいませ。


なずな
posted by 橘かがり at 12:27 | TrackBack(0) | 社会・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする