猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2011年12月30日

もんじゃ焼きで年越し

もんじゃやき1

ふとしたことでもんじゃ焼きのことを調べる機会があり、
それ以来もんじゃやき店に通うようになりました。
お店によってはいろいろなアレンジが施され、カレー味、ピザ味、ホワイトソース味、
メキシコ風、韓国風など、各国料理の多彩な風味も味わえて楽しめます。

調べてみると、江戸中期に江戸で作られた仏事用菓子「麩の焼き」が、
もんじゃ焼きの起源ではないかといわれているそうです。
「麩の焼き」を起源として、江戸末期から明治にかけ、
味噌の代わりに餡を巻いて作る「助惣焼」が生まれました。これが東京・大阪で大流行し
明治には「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が生まれたようです。

1819年に刊行された『北斎漫画』に、「文字焼き屋」の挿絵があり、
この時代の江戸に、もんじゃ焼きに相当するものがあったと推察されるそうです。
焼くときにタネで文字を書いて遊んだことから「文字焼き」と呼ばれ、
「もんじ焼き」が「もんじゃ焼き」となったとの説が、有力だということです。

もんじゃやき2

小さな容器の中には、小麦粉とソース、だしを混ぜた生地に、
キャベツやいか、あげ玉、桜えびなどが、たっぷり乗っています。キャベツは粗めの短冊切りです。

もんじゃやき3

鉄板に油をひいて、大きなへらで具を細かく切りながら、炒めます。
こうすると全体がくっつきやすくなり、粘りが出るそうです。特にキャベツの甘みがよく出るとか。
見る見るうちにキャベツがしんなりして、香ばしい匂いが漂います。
それをドーナツ状の円形に整え、土手を作ります。

もんじゃやき4

土手ができあがると、その真ん中めがけて、生地を流し入れます。
あっというまにとろみがつくので、切りながら混ぜ合わせます。

もんじゃやき5

鉄板の上にまんべんなく広げると、すぐに液体の表面にぷつぷつと泡が浮かびます。
好みで青のりをかけ、小さいはがしで焦がしながら食べます。
最初に食べたときにはびっくりしましたが、
もんじゃ焼きの多彩で奥深い味わいに、すっかり虜になってしまいました(笑)


***********************************

今年は次から次へと災害が襲う本当に大変な年でした。
寒い冬を迎えていらっしゃる被災地の方々に、心よりお見舞い申しあげると共に、
来年こそは、穏やかで平和な年になりますよう深くお祈り申し上げます。

今年も拙ブログを読んで頂き、まことにありがとうございました。皆々様にとって、
来る年が、龍が昇るがごとく運気の上がる年でありますようお祈り申し上げます。
来年も何とぞよろしくお願い致します。どうか良いお年をお迎え下さいませ。


もんじゃやき6
posted by 橘かがり at 14:51 | TrackBack(0) | 世界の味めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

軽井沢の洋食屋さん

鉄板洋食NISHIHATA 鉄板洋食NISHIHATA

軽井沢に調べ物をしに行き、日帰りで行ってきました。
軽井沢で必ず立ち寄るのが、駅前の「鉄板洋食NISHIHATA」さんです。
軽井沢は美味しいものも多いけれど、物価の高いところでもあります。
しかしこのお店では、とてもリーズナブルなお値段で、
スープ、メインディッシュ、ライス、デザートのコースを気軽に堪能することができます。
野菜も肉も美味しく、食材への拘りが伝わってくるヘルシーなお料理で、
ほとんどのお客さんがリピーターとして訪れると聞きます。

西畑シェフは、一流ホテルの料理長として活躍後、軽井沢に店を開いたそうです。
カウンター席とテーブル席を合わせて13席の店なので、
店の前にはいつも行列ができています。
小さいお子さんから、年配のお客様まで、年齢層は幅広く、
誰もが親しめるお勧めの味です。
シェフは小説の愛好家でもあり、本棚には小池真理子氏の作品などが置かれています。
私が順番を待つときには、いつも本を読みながら待たせてもらっています。

鉄板洋食NISHIHATA 鉄板洋食NISHIHATA

ボールキャベツ、ハンバーグ、オムライス、フィレカツ、ビーフシチュー……。
どの料理も絶品で、見た目も大変美味しそうです。毎回選ぶのに苦労します。
軽井沢に行く楽しみの一つは、この店で食事をすることと言っても、
過言ではないかも知れません。今回もここで食事をしてから、
新幹線に乗り帰って来ました。

定休日は水曜で、開店は17時半。ラストオーダーは21時10分。
ラストオーダーの時刻は、新幹線の到着に合わせているとのことです。

鉄板洋食NISHIHATA 鉄板洋食NISHIHATA

軽井沢鉄板洋食NISHIHATA
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東6〜1 芦沢ビ1階   TEL  0267・41・1158
posted by 橘かがり at 15:25 | TrackBack(0) | 世界の味めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

ロシア料理の夜

キーワード キーワード
友人がロシア料理店スンガリーに誘ってくれたので、喜んで出かけてきました。
ロシア料理を食べる機会はあまり多くはないですが、大好きな料理の一つです。

ロシア料理といえば、まずボルシチやピロシキを思い浮かべる方が多いと思います。
そのほかにビーフストロガノフ、つぼ焼きシチューなどが、
日本のロシア料理店の、定番メニューのようです。
私はロシア風の水餃子とも言える、ペリメニという料理が一番の好物です。
イタリアのラビオリにも似た料理ですが、
ロシアのペリメニは、バターやサワークリームなどと、一緒に食べることが多いようです。

ペリメニを最初に食べたのは、学生時代に訪ねた小さなロシア料理店でした。
そのせいか、ペリメニを口にすると、学生時代の記憶がふいによみがえって来ます。
とうに閉店した小さなロシア料理屋では、ロシアの歌謡曲のレコードが流れていました。
名前も知らない曲でしたが、低く力強い歌声が、今でも耳に残っています。

食事の後には、ジャムをたっぷり入れたロシアンティーが飲みたくなります。
日本でロシアンティーと言えば、紅茶の中にジャムを入れるものとなっていますが、
ご当地ロシアでは、ジャムは紅茶の中に入れないと聞いたことがあります。
小皿に添えたジャムを舐めながら、或いはジャムをぬったビスケットを食べながら、
ストレートティーを飲むことが多いらしいです。
そしてそのジャムは、日本で使うジャムよりも、更にずっと甘いそうです。

キーワード キーワード

ブログを開いて一年がたちました。いつもアクセス頂き、本当にありがとうございます。
これからも地道に続けていきたいと思います。今後とも何とぞよろしくお願い致します。
posted by 橘かがり at 03:36 | TrackBack(0) | 世界の味めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする