猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2017年04月30日

志賀泉「無情の神が舞い降りる」出版記念会



南相馬出身の太宰賞作家・志賀泉「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)出版記念会の受付をさせていただきました。志賀さんと同名の日本酒「志賀泉」を乾杯用に密かに準備し、酒造の由来を説明させて頂きました。
大好きな芍薬の花束も持参して、花束贈呈もさせて頂きました。朝には蕾だった芍薬が、会場で開花したのは嬉しい驚きでした。志賀さんが大きく花開かれることを祈ります。
震災文学の傑作、志賀泉「無情の神が舞い降りる」ぜひご一読下さい!

posted by 橘かがり at 22:20 | TrackBack(0) | 小説仲間・授賞式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

老舗文壇バー「数寄屋橋」50年記念パーティ



ペンクラブ知人に誘われて、帝国ホテルで開かれた老舗文壇バー「数寄屋橋」50年記念パーティに、ミステリ作家・中村啓さんと時代作家・誉田龍一さんとご一緒に参加してまいりました。
北方謙三氏と大沢在昌氏の司会進行の下、綺羅星の如き大御所作家、漫画家の方々が登壇し、圧倒されました。老舗文壇バーの歴史を物語る貴重な映像も拝見して、胸がいっぱいになる夜でした。
チャーミングな静香ママのますますのご健勝と「数寄屋橋」のますますのご盛況を祈りあげます。


posted by 橘かがり at 17:44 | TrackBack(0) | 小説仲間・授賞式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

第五回歴史時代作家クラブ授賞式



今年で五回目を迎える「歴史時代作家クラブ授賞式」は、大盛況のうちに終わりました。
私はご案内と花束贈呈のお手伝いをさせていただきました。
受付で受賞者の方々にお花を付けさせて頂き、梶よう子さんや澤田瞳子さんなど、憧れの作家さんたちにお祝いを申し上げられたのは、望外の喜びでした。
花束贈呈のお役目も無事に終えほっとしながら、受賞者の皆さまのスピーチに耳を傾けました。どなたのスピーチも大変印象的で心に残り、それと同時に大きな励みともなりました。あらためて心よりお慶び申し上げます。

そしてこれはとても個人的なことなのですが、偶然にもシリーズ賞受賞の井川香四郎先生にお花をお渡しすることができたのを、とても光栄に感じました。というのも、今は亡き脚本家の叔父・下飯坂菊馬が、井川先生とお親しくさせて頂いていたのを、歴史時代作家クラブに入会して知ったからです。井川先生に初めてお目にかかる少し前に、叔父がふいに夢に出てきたのも、不思議なご縁を覚えました。
井川先生の晴れ舞台で、こうしてお花束をお渡しできたのは、嬉しい驚きでした。旅立つ直前まで旺盛に執筆を続けていた叔父が、遠くで見守ってくれているように感じられてならなかったのです。



新人賞 
☆片山洋一氏 『大阪誕生』 朝日新聞出版
☆松永弘高氏 『決戦 熊本城 肥後加藤家改易始末』 朝日新聞出版
文庫新人賞
☆新美 健氏『明治剣狼伝 西郷暗殺指令』 ハルキ時代小説文庫
作品賞
☆梶よう子氏 『ヨイ豊』 講談社
☆澤田瞳子氏 『若冲』 文芸春秋
シリーズ賞
☆井川香四郎氏 『神楽坂咲花堂』シリーズ 祥伝社文庫
           『もんなか紋三捕物帳』シリーズ 徳間文庫
☆辻堂 魁氏  『風の市兵衛』シリーズ 祥伝社文庫
実績功労賞
☆安部龍太郎氏 『等伯』 日本経済新聞社  『血の日本史』 新潮社
特別功労賞
☆加賀乙彦氏 『永遠の都』 新潮社  『殉教者』 講談社

posted by 橘かがり at 01:23 | TrackBack(0) | 小説仲間・授賞式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする