猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2017年10月26日

2017.10.22.総選挙



早稲田大学有志の会の小原先生と香織さんにお声掛け頂き、市民連合政党カーに乗り、東京一区海江田万里候補の街宣をさせて頂いた。学生時代に3回ほど選挙ウグイス経験があるので、街宣カーに乗るのは実に30年ぶり。主に港区と新宿区を周った。街宣車に同乗した市民連合呼び掛け人Nさんのスピーチがとりわけ心に残った。
シングルマザーで二人の子どもを育てる彼女は派遣労働者で、子どもたちの学費を出すのもやっとという。そんな彼女と私を乗せた街宣車は、南麻布の超高級住宅街の森の中を走り抜けて行く。
どうしてこんなに格差が開いてしまったのだろう。一部の人だけが富を享受し、一部の人だけが幸せを謳歌する社会が、良いはずはない。年間3万人もの人々が尊い生命を断つ日本が、良い社会のはずはない。 基地の存在に怯え、不安な日々を送る沖縄の人々の叫びを、見て見ぬふりする世の中が、良いわけはない。
麻布十番での街宣の後に、母校T女学院の前を偶然通りかかった。ちょうどお受験シーズンで、両親に手を引かれた面接帰りの小さな女の子が、こちらを向いて手を振った。
幼い日、私も父と母に手を引かれて、この坂を上って行った。にこやかに面接官に答えていた父の横顔がふいによみがえる。
父は公害裁判や薬害裁判を手がける企業弁護士だった。公害弁護士、原発弁護士と揶揄されるのが子ども心にたいそう辛かったが、父は魂まで売り渡したわけではなかった。
――自民党ばかりが強い世の中に、良いことはない。
それが父の口癖で、選挙では必ず野党に投票していた。私は父に連れられ、社会党や民社党、共産党の演説をよく聞きに行った。それが私の原点だ。
枝野幸男氏のほぼ30年前に、父は同じく杜の都のキャンパスで法律を学んだ。若き日の父は、法曹ではなく、ジャーナリストを目指していたらしい。頼もしい後輩の出現に、目を細めているに違いない。
選挙最終日、新宿バスタでの東京大作戦finalでは、大雨をものともせずに、多くの仲間たちが枝野氏の演説を聞きに集まっていた。私もずぶぬれになりながら枝野氏の演説に耳を傾けた。
父亡き後にもファザコンのいっこうに治らない私だが、父のリベラル魂は、私の裡で確かに燃え続けている。市民の手による、市民の為の新党の門出を、父も心から応援していてくれると固く信じて。


posted by 橘かがり at 18:02| 政治・思想・人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

中村敦夫氏一人語り朗読劇「線量計が鳴る」中軽井沢公演



脱原発を主張し続けてきた中村敦夫氏が、熱い思いを込めた中村氏脚本主演の一人語り朗読劇「線量計が鳴る」。原発労働者として働いてきた自負と誇りは、311の被災で脆くも崩れてしまった……。
中村敦夫氏がライフワークとして全国100都市公演を目指して取り組んでいる第12回目の公演が、中軽井沢図書館多目的ホールにて行われました。
61名のお客様がいらして下さり、皆さん熱心に耳を傾けて下さいました。もちろん私も、迫真の語りに胸を揺さぶられ大いに考えさせられました。
公演後には中村敦夫氏、加賀乙彦先生を囲んでの懇親会を持ちました。
3ヶ月前から取り組んできた中軽井沢公演のお手伝いが全て終わり、ほっとしています。
この公演は全国津々浦々まだまだ続きます。
皆さまの住まれる町にも、きっと中村さんの公演がやって来ると思います。
ぜひ中村さんの熱い朗読劇に耳を傾けて下さいますように。

posted by 橘かがり at 20:26| 政治・思想・人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

2017.3.11.東日本大震災追悼式に参列して




脱原発文学者の会のメンバーとして、埼玉県北上尾の避難者住宅で開かれた慰霊祭に参加して参りました。浪江町出身のシンガーソングライターで脱原発文学者の会の同志・橘光顕氏の挨拶で、一部「黙祷の会」が始まりました。14時46分の鐘が会場に響くと、参加者の皆さまと共に、被災地の方角を向いて黙祷を捧げました。
続いて被災された方の生々しい体験談を伺いました。福島第一原発に向かって運転していたところ震災で道路が陥没、迂回して逆方向に向かったため辛うじて助かったものの、会社から解雇され、避難先で出会った女性と結婚、子どもも生まれたというお話に涙しました。そして未だ行方のわからない方々を待ち続けるご家族のことを思えば、胸がえぐられる思いです。



二部の懇親会では、持参した宮城県産の日本酒「澤の泉」「浦霞」「船尾灯」を皆様に飲んで頂きました。「船尾灯」は気仙沼で作られた復興酒で、震災で真っ暗になった被災地に灯りをともし、復興の礎になるようにとの想いがこめられているそうです。
南相馬出身の太宰賞作家志賀泉氏の新刊『無情の神が舞い降りる』(筑摩書房)発売を記念して、志賀さんからお話がありました。歌人の北久保まりこさんは、歌集‘Nuclear Impact'刊行を記念して、情感こもった朗読を披露して下さいました。
あらためて、まだ何も解決されていないのだと思いしらされました。
震災から6年目の3月11日。この日のことを、決して忘れずにいようと思います。


posted by 橘かがり at 11:42 | TrackBack(0) | 政治・思想・人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする