猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2017年02月19日

文楽「冥途の飛脚」鑑賞



叔父の代からお世話になっている時代作家の井川香四郎先生、小説教室同窓の時代作家・誉田龍一さん、友人のN子さんもご一緒に、文楽二月公演「冥途の飛脚」を鑑賞してまいりました。
飛脚屋の若い男が遊女と恋に落ち、為替の金に手をつけ破滅に向かう物語。人形ならではの人物描写で、追い詰められた二人の哀れな様子が、切々と胸に迫ります。雪降る夜更け、人目をしのんで寒々しい野道を逃げて行く道行は、儚くも美しく、涙を誘います。
幕間では人形遣いの桐竹紋臣さんに楽屋案内をして頂き、人形のずっしりした重みを体感させて貰いました。舞台裏も拝見して、奥行きのある独特な空間に、あらためて眼を見張り、息をのみました。
休演中の紋壽師匠の梅川を又いつか拝見したいと、それだけが心残りです。



芝居のはねた後は、美食家・井川先生おなじみの徳島ゆかりのお店に連れて行って頂き、心づくしのお料理を堪能しました。
文楽発祥の地であり、誉田さんの故郷でもある大阪について、また井川先生の故郷・愛媛について、N子さんの故郷・徳島について、ふるさと談義に花が咲きました。
東京しか知らない私は、こういうとき、ひたすら羨ましいです。
ヴァレンタイン前夜でしたので、チョコレート交換でお開きとなりました。
楽しくも充実した一日でした☆皆さま、文楽にまたご一緒致しましょう。

posted by 橘かがり at 20:26 | TrackBack(0) | 舞台(文楽、バレエ等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

中村歌六さんの芸術院賞受賞祝賀パーティ



幅広い芸域で名優として誉れ高い中村歌六さんですが、近年のご活躍更に著しく、読売演劇大賞優秀男優賞、芸術選奨文部科学大臣賞、芸術院賞を、次々受賞されています。
この度、受賞祝賀パーティが開かれることになり、京都や博多からも多くのファンが駆けつけました。浅草芸者衆が色を添え、来賓のお祝いには心がこもり、華やかな中にも和やかで温かな宴となりました。



私は恵子夫人と中学高校で同級のご縁で、後援会に入らせて頂いていますが、パーティには同窓も多く集まり、お慶びを申し上げました。一般家庭から嫁がれ、名優のご主人を支え、米吉さんら二人のご子息を立派に育て上げ、ご自身も歌手として活躍する恵子夫人のご苦労を少しは知る者として、胸の熱くなる思いでした。
歌六さま恵子さん、あらためておめでとうございます。ますますのご活躍を楽しみにしております。


posted by 橘かがり at 04:12 | TrackBack(0) | 舞台(文楽、バレエ等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

稲穂の会新年会2016



体調不良を理由にしばらく引きこもって書き書きしていましたが、 
先週末には重い腰を上げて、中村歌六&米吉後援会「稲穂の会」の新年会に参加してまいりました。
稲穂の会の新年会は今年で三年目ですが、年々参加者も増え、盛大になっていくのは慶ばしい限りです。
今年もお父上の歌六さんが歌舞伎座から駆けつけるまでは、浅草歌舞伎に出演中の米吉さんが司会を進めました。
尾上松也氏も飛び入り参加して、大いに座を盛り上げて下さいました。
その後、浅草芸者さんたちの美しい舞を見ながら食事と歓談。
近くの席で見ることができたので、しなやかで美しい指先、豪華な帯や、着物の裾模様までたっぷり鑑賞させて頂きました。
昨年お話した芸者さんが私のことを覚えていて下さり、今年も記念撮影をさせて頂きました。抽選会にはまたもや外れてしまいましたが、美味しい中華料理を頂きながら、和やかで楽しい時間をすごしました。
初釜も休んでしまったので、着物を着るのは今年はじめて。帯を通すと背筋がしゃんとして、気持ちがほんの少しリフレッシュできました。

posted by 橘かがり at 23:29 | TrackBack(0) | 舞台(文楽、バレエ等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする