猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2020年02月03日

「女の新聞」記事

a
a posted by (C)橘かがり


「女の新聞」に橘の紹介記事を載せて頂きました。
インタビュアーは、福島原発事故後みずから子育てしながら、避難した母子に寄り添い、密着取材して書き上げた渾身のルポルタージュ『母子避難』で一躍注目された作家の吉田千亜さん。
吉田千亜さんの新刊は『孤塁』(岩波書店)。双葉消防本部の消防士125名一人一人に丁寧に取材して、その苦悩と葛藤を克明に炙り出した力作です。ぜひご一読ください。

b
b posted by (C)橘かがり

c
c posted by (C)橘かがり

インタビューでは2010年に亡くなった父についても質問を受けました。薬害や公害裁判の企業側弁護人だった父は、電力会社の顧問もしていました。原発弁護士と書きたてられたことも。
「日本の原発は世界一安全なんだよ。絶対に事故は起こらない」それが父の口癖でした。東日本大震災の1年前に亡くなった父が、あの事故を見たら何と言っただろうー。
父の口癖を、痛みと共に思い出します。
もうすぐ9回目のメモリアル、福島原発事故は、まだ何も解決していません。
posted by 橘かがり at 23:12| 自著について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

第五回松川賞特別賞

a
a posted by (C)橘かがり

b
b posted by (C)橘かがり

c
c posted by (C)橘かがり

d
d posted by (C)橘かがり

e
e posted by (C)橘かがり

第5回松川賞特別賞を受賞することになり、福島大学で行われた「松川事件70周年記念集会&松川賞授賞式」に出席して来ました。
松川事件は冤罪事件であると同時に未解決事件。風化させぬよう、これからも語り継いでいこうと決意を新たにしました。帰りは東北本線に乗りこみ、事件現場の松川駅を通り、広津和郎先生起草の松川記念塔に手を合わせました。車窓いっぱいに広がる黄金色の秋景色を眺めていると、福島第一原発事故のことが無性に思い出され胸が痛みます。
http://www.matsukawajiken.com/blog/2011/08/18/松川の塔
☆昭和天皇『拝謁記』に以下の記述があると知りました。「法務大臣ニ聞いたが 松川事件はアメリカがやって 共産党のしわざニしたとかいふので 司令官が社会党ニ謝罪ニいってるし」
今後もリサーチしていく所存です。

f
f posted by (C)橘かがり

g
g posted by (C)橘かがり

h
h posted by (C)橘かがり

i
i posted by (C)橘かがり

j
j posted by (C)橘かがり
posted by 橘かがり at 19:50| 自著について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

「70s原宿原風景」



5月10日発売されたエッセイ&写真集「70s原宿原風景」(中村のん編著 DU BOOKS刊 )サイン会が、表参道Book Marcにて開かれました。
1970年代はじめから1999年まで原宿(神宮前)在住だった私も、パレフランスという題で寄稿しています。
ファッションとは無縁の、垢抜けない中高生だった私には、原宿在住は切なく、ほろ苦い思い出ですが、生き生きと暮らしていた母の姿が思い出されます。
この季節にはいつも芍薬の花を活けていた母に、花と共に本を届けてきました。エッセイだけでなく、貴重な写真も満載です。
http://www.nonnakamura-presents.com/relayessay/


posted by 橘かがり at 21:38| 自著について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする