猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2019年11月30日

2019京都日記その2


翌朝は早起きして宇治の興聖寺に向かう。興聖寺は曹洞宗最古の寺院で、紆余曲折を経て宇治に再興され現在に至るという。紅葉には少し早かったが、閑静な佇まいのお寺で、晴天のもと宇治の川べりを散策するのもまた楽しい。続いて醍醐寺に向かう。桜を観に来る機会があまりなく、醍醐寺を訪れるのは実に初めてだが、壮麗な伽藍に圧倒される。美しく調和した紅葉も、ため息出るほど。
続いて山科に向かい随心院・勧修寺を訪れた。小町ゆかりの随心院は、高校の学習旅行で訪れて以来……。恋多き小町の波乱万丈な人生に憧れた若き日が懐かしい。
勧修寺も雅ではんなりした雰囲気のお寺で、心癒される。続いて雲龍院に向かう。ここはミステリの女王山村美紗さんの眠る寺でもある。悟りの窓から庭を眺め、走り大黒天さまに願いをこめた。
ライトアップはどこを見ようか悩みに悩み、思いきって青龍殿まで足を伸ばした。遥かに見える比叡山、その背景をなす北山、西山の連峰、中央を流れる鴨川、緑の盛りは御所ーー。眼下に京都盆地が広がっている。碁盤の目に街路が整えられているのもよく分かる。幻想的で美しい眺めにしばし陶然とする。木屋町で夕食を食べ、翌朝は下鴨の三井家山荘に向かった。
いとせめて恋しきときはむばたまの
     夜の衣をかへしてぞ着る 小野小町 古今


posted by 橘かがり at 22:55| 旅行・散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする