猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2019年07月31日

「萩尾望都 ポーの一族展」

a
a posted by (C)橘かがり
b
b posted by (C)橘かがり

c
c posted by (C)橘かがり

萩尾望都による壮大なヴァンパイアの物語『ポーの一族』連載が始まったのは、中学生になったばかりの頃。人間のエナジーを吸い、薔薇を枯らし、永遠の時を生きるポーの一族。主人公エドガーは14歳の時に、ポーの儀式を目撃して、期せずしてヴァンパイアとなる。少年の姿のまま、永遠の時をさすらう。最愛の妹メリーベルの幸せだけを祈って過ごすが、別れを告げに行き、結局妹をも道連れにしてしまう。一族は不老不死だが十字架を怖がり、心臓に杭を打たれると、砂塵となり消滅する。



少年のまま永遠の時を生きるエドガーの孤独と喪失感を描く詩情あふれる作品に、中学生の私はすぐに虜になった。学校のチャペルで、友人たちとポーの一族ごっこに興じた。メリーベル役をやったのは美少女の友人で、実年齢より上に見える私に回って来たのは、エドガーの義母シーラ・ポーツネル男爵夫人。

ある嵐の午後、シーラを慕うクリフォード医師と遭遇、避難した小屋の中で、脈拍がないことを見抜かれ、農具で胸を刺され消滅する。メリーベルも銃で打たれ消滅。独りぼっちになったエドガーは、孤独な少年アランを道連れにして永遠の時を彷徨い続ける。

私は文字通りすりきれるまで雑誌に掲載されている作品を繰り返し読み、セリフも全部覚えていた。

小説を書き始めて間もなくの頃、ある編集者に「この台詞はポーの一族でしょう?他人の作品からイメージを借りるのはだめよ」と注意を受けた。ストーリーもキャラクターも時代設定もまるで違う。もちろん台詞を真似たわけでもない。それなのに知らず知らずにポーの世界観がにじみ出ていたとは。



最近40年ぶりに『ポーの一族』の連載が始まり、ブームが再燃している。シリーズ作品の中でアデルという初老の女性が、幼い頃、二人の少年と森の中で暮らしたと回想する場面がある。自分ばかり成長するのに、二人は少しも変わらなかったと。

銀座松屋で開催されている『ポーの一族』展で、エドガーとアランの変わらぬ姿に再会して、アデルと同じ感慨に耽った。エドガーをずっと待ち続けていたメリーベルの原画を見て、不覚にも涙がこぼれる。私にもこんな透き通った時代があった。

あの頃私は、半ば本気で、エドガーがいつか迎えに来てくれると信じていた。

d
d posted by (C)橘かがり

e
e posted by (C)橘かがり
posted by 橘かがり at 19:11| 美術館・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする