猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2019年07月10日

1930年代のタンゴをたずねて

a
a posted by (C)橘かがり

b
b posted by (C)橘かがり

c
c posted by (C)橘かがり


1930年代を舞台に新しい原稿を書いていて、どうしても音楽シーンを入れたくなった。そうだ!好きなタンゴのことを書こう!と思い立ったものの、ぜんぜん筆が進まない。文章で音楽を表現することの難しさに呆然。
というわけで、まずは知識の部分から肉付けしようと、知人の音楽プロデュ―サーFさんに、名著『タンゴ入門』の著者でもあるタンゴ評論家S氏をご紹介頂く。向かったのは神保町の老舗タンゴカフェ「ミロンガ」。
30年代、40年代のタンゴシーンを熱く語るS氏はエネルギッシュそのもの。途中で、S氏が母より年上だと知って仰天する。神保町にはレコードの専門店もあるそう。「帰りに好きなレコードを買って帰ります」というS氏は、タンゴ愛の塊、タンゴの生き字引のような方であった。
一度は廃れてしまったレコードが、今またブームになっていると聞くのも嬉しい。私が20代のときCDがまたたく間に世を席巻した。もう二度と聞かないだろうと、レコードを何枚もあっさり処分してしまったのが悔やまれる。時代は繰り返すというのは本当だった。

d
d posted by (C)橘かがり

e
e posted by (C)橘かがり
posted by 橘かがり at 00:50| 音楽(タンゴ、ファド等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする