猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2018年10月24日

谷崎潤一郎賞 中央公論文芸賞 授賞式



谷崎潤一郎賞・中央公論文芸賞授賞式パーティに、今年も潜入してまいりました。
今年の谷崎賞受賞作は星野智幸氏『焔』(新潮社)中央公論文芸賞受賞作は朝井まかて氏『雲上雲下』(徳間書店)です。
ファンタジーは読み慣れないのですが、朝井まかて氏『雲上雲下』は、不思議な懐かしさを覚える作品でした。
星野智幸氏の谷崎賞受賞作は未読ですが、15年ほど前に小説通信講座で一度スクーリング講義を受けたことあり、以来大ファンです。
谷崎賞について桐野夏生氏の選評は、世間に強まる同調圧力について、星野氏の持つ先見性、ある種の予知能力について言及した大変興味深い内容でした。
星野智幸氏は受賞の言葉として「新潮45」騒動についても触れ、共に仕事をしてきた新潮社文芸編集者について、静かに熱く語られました。
差別や憎しみには決して加担しないという、星野氏の高らかな決意宣言のようにも聞こえ、胸が熱くなりました。小説家は猛毒を薬に変えて使う職業だと。なるほど納得ーー。

朝井まかて氏『雲上雲下』の講評は浅田次郎氏。
受賞は満場一致で決まったそうです。
朝井まかて氏にしか書けないユニークな作品、オリジナリティーあふれる芸術作品と評され、会場は温かい拍手に包まれました。


posted by 橘かがり at 19:20| 小説仲間・授賞式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする