猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2017年03月31日

「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター西洋絵画の巨匠たち~」内覧会




「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター西洋絵画の巨匠たち~」が、3月18日から森アーツギャラリーで開幕しました。それに先立ち、内覧会とレセプションが開かれました。森アーツギャラリーのキューレータをしている中高時代の同級生Yさんから、思いがけずご招待頂いたので、鳥獣戯画ミステリーを上梓したばかりのミステリー作家・中村啓さんをお誘いして参加してまいりました。



エルミタージュ美術館にはご存知の通り、印象派など近代絵画の秀作が数多く展示されていますが、今回の展覧会はオールドマスター、すなわち殿堂入りした巨匠たちの作品を主に集めた展覧会で、バロック時代を中心とする名画85点が、一堂に会しています。
クラナハ「林檎の木の下の聖母子」 ピーテル・ブリューゲル「スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色」 ヴァトー「困った申し出」 シャルダン「食前の祈り」などなど、教科書に出てくるような名画を、ゆっくりじっくり堪能することが出来ました。
特に大好きなフラゴナールの「盗まれた接吻」の前に立ち止まると、目の前で物語が動き出すようで、胸ときめく至福のひと時でした。
ミュージアム・ショップにはハガキやクリアファイルなどの他、様々な種類の愛らしいマトリョシカが並んでいます。エルミタージュ美術館には何匹もの猫が飼われていると聞きますが、猫のマトリョシカも数種類あり、買いたくなる衝動をぐっと抑えました。
帰りは美しい夜景を眺めながら乾杯、美術談義に興じました。


posted by 橘かがり at 09:42 | TrackBack(0) | 美術館・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448592767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック