猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2017年03月17日

2017.3.11.東日本大震災追悼式に参列して




脱原発文学者の会のメンバーとして、埼玉県北上尾の避難者住宅で開かれた慰霊祭に参加して参りました。浪江町出身のシンガーソングライターで脱原発文学者の会の同志・橘光顕氏の挨拶で、一部「黙祷の会」が始まりました。14時46分の鐘が会場に響くと、参加者の皆さまと共に、被災地の方角を向いて黙祷を捧げました。
続いて被災された方の生々しい体験談を伺いました。福島第一原発に向かって運転していたところ震災で道路が陥没、迂回して逆方向に向かったため辛うじて助かったものの、会社から解雇され、避難先で出会った女性と結婚、子どもも生まれたというお話に涙しました。そして未だ行方のわからない方々を待ち続けるご家族のことを思えば、胸がえぐられる思いです。



二部の懇親会では、持参した宮城県産の日本酒「澤の泉」「浦霞」「船尾灯」を皆様に飲んで頂きました。「船尾灯」は気仙沼で作られた復興酒で、震災で真っ暗になった被災地に灯りをともし、復興の礎になるようにとの想いがこめられているそうです。
南相馬出身の太宰賞作家志賀泉氏の新刊『無情の神が舞い降りる』(筑摩書房)発売を記念して、志賀さんからお話がありました。歌人の北久保まりこさんは、歌集‘Nuclear Impact'刊行を記念して、情感こもった朗読を披露して下さいました。
あらためて、まだ何も解決されていないのだと思いしらされました。
震災から6年目の3月11日。この日のことを、決して忘れずにいようと思います。


posted by 橘かがり at 11:42 | TrackBack(0) | 政治・思想・人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック