猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2015年12月27日

一年の感謝をこめて 2015年



先日は歳末助け合いにご協力を頂き、心より厚く御礼申し上げます。
クリスマスは皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。私は例年のように、聖ヶ丘教会のクリスマス賛美礼拝に参加してまいりました。10日ほど前から風邪をこじらせ咳喘息になり、点滴を受けている毎日。賛美歌やハレルヤを歌うのはNGでしたが、蝋燭に灯のともった質素な礼拝堂に腰かけ、ハンドベルの演奏による「久しく待ちにし」のメロディーを聞いた途端、咳喘息の苦しさもすっかり忘れ、大声を張り上げてしまいました。
おかげで帰宅してからまた咳の発作……トホホですが、賛美礼拝でハレルヤを歌えるのは本当に幸せなことです。親に入れられたミッションスクールで、洗礼も受けていない、いいかげんな信者の私ですが、キリスト教教育を受けたことを親に感謝しない日はありません。世間様を気にせず自身の信念に基づいて行動できるのは、キリスト教教育のおかげと思うことも。何より一年を省みて静かに自己と対峙する時間はかけがえのないひと時です。
世界は矛盾に満ち満ち、憎しみの連鎖を断ち切れずにいます。テロや空爆の恐怖に怯える方々の苦しみに思いをはせ、一日も早く平和が訪れることを信じ、心から祈りました。
******************
今年も残りわずかとなりました。皆さまにとって今年はどんな一年でしたでしょうか。
私は本当に多忙な一年でした。病気やけがをしながらも、何とか乗り切ることができました。これも支えてくださった皆様のおかげと感謝しております。
今年の秋には、珍しく二本のエッセイ依頼を受けました。小説とはまた違う難しさのあるエッセイですが、楽しみながら取り組ませて頂きました。京都に取材に行った原稿は、1月に歴史冊子に掲載予定です。ご笑覧頂けたら幸いです。
二年半かかった長編が一応完成、現在大直し中です。皆さまに一日も早く読んで頂けるように、もう一頑張り致します。
安保法案強行採決までの一ヶ月、週に何度も国会前に通った日々のこと、あの場で目撃したことを、決して忘れることはできません。採決されたからと言って、問題は何一つ解決したわけではなく、今も各地でデモや集会が繰り返されています。早稲田で行われた集会のことも忘れることはできません。来年も引き続きデモや集会に出かけ、声を上げ続けようと願います。
青臭いといわれても、きれいごとと言われても、争いのない平和な世界がいつか訪れる日を信じて、理想をすてることなく、自らの信じる道を、これからも歩んでいきたいと願います。
来るべき年が皆さまにとって幸多い年であることを心より祈ります。どうぞ良いお年をお迎えください。一年の感謝をこめて 橘 かがり拝


posted by 橘かがり at 16:27 | TrackBack(0) | 季節の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック