猫の らんこ  マウスで遊んであげてね^^

2016年09月16日

緑陰文藝サロン 「鎮魂の原爆文学を読み、ブルーグラスでアメリカを識る」



9月3日軽井沢朗読館で開かれた緑陰文芸サロン「鎮魂の原爆文学 原民喜と林京子を読む」は盛況のうちに無事に終わりました。
私も後半に少しだけ参加させて頂き、14歳の時に長崎で被爆した作家の林京子さんから届いたお手紙を、二階席から読ませて頂きました。
以前少しだけ朗読を学んだことはあったのですが、お客様の前で披露するのはほとんど初めてで、大変緊張しましたが、「私は被爆者以外の何ものでもない」と語る林さんのお気持をなぞるように、心をこめて読ませて頂きました。
第二部ではブルーグラス演奏の第一人者・東理夫氏の演奏とトークを楽しみました。
翌日は加賀乙彦氏の山荘で乾杯!緑深い場所で、心地よい疲れに身を任せたひとときでした。
***************

――福島原発メルトダウンに続く日本人の反応、私は8月9日の被爆以上に衝撃を受けました。事故そのものではなく、政府、原発関係者、その医療面での専門家たちの発言。8月6日9日から70年近く、私たち被爆者に対して発言を続けた、その内容とまったく変わっていない。被爆者たちの発病を今日まで因果関係なし、或いは不明として「原爆症」を切り捨ててきた答えと一歩の進歩もない。繰り返しの答弁に「日本は被爆国ではなかったのか」とその過去に対する、無関心さにただただ呆れはて、正直に申しますと、モウイイヤーと、8月9日を書き続ける空虚さに陥りました。私は自分の作品で何かが起こるなど思い上がりはありません。しかしあまりに無関心すぎる。いいえ、核物質に対して無知でありすぎる。原発と原爆、それは同じ「核物質」なのですから。
(林京子氏から脱原発文学者の会に寄せられた手紙より抜粋)


posted by 橘かがり at 17:11 | TrackBack(0) | 政治・思想・人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

上高地にて我が家の「山の日」



新たに制定された山の日から一日遅れて、上高地に無事に到着。
しばらく体調を崩していたので、今年も上高地に来ることができて本当に嬉しいです。
そびえ立つ山々と梓川の流れが輝いて見えるようです。
ホテルの周りを1時間ほど散策してから夕食を食べて、夫婦でナイトウォーキングに参加しました。ペルセウス流星群に期待して広場にマットを敷いて満天の星を仰ぎましたが、厚い雲に阻まれ、なかなか星を見ることはできません。あきらめてガイドさんに従って夜の森を散策、樹液の匂いをかいだり、葉に触れたりしながら、梓川の流れに沿って、ナイトウォーキングを楽しみました。散策を終えてホテルに戻った時に、すっと雲が晴れて、目の前に流れ星が出現。流星を三つ確認して、思わず歓声を上げました。
翌朝はたっぷりの朝食を食べてから、明神池までのコースを散策。
年に一度の我が家の「山の日」を満喫しました。


posted by 橘かがり at 00:49 | TrackBack(0) | 旅行・散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

軽井沢ヴィネット



先日は皆さまから温かい励ましのメッセージを頂き、心より御礼申し上げます。
最終街宣を聞いてから、新幹線に乗りこみ、軽井沢へと向かいました。
翌朝、軽井沢新聞編集長の広川小夜子さんと再会し、森の中のレストランでランチをご一緒しながら、都知事選の報告を済ませました。その後、軽井沢の森を散策。
せせらぎの音に耳を澄ませ、樹木の香りを胸いっぱい吸い込み、癒されてまいりました。自然の恵みは本当にありがたいです。
「軽井沢ヴィネット」最新119号<軽井沢滞在事情>特集に橘が紹介されております。
軽井沢以外でも、大手書店では扱っている雑誌ですので、ご笑覧いただけたら幸いです。
ただいま有楽町三省堂にて「軽井沢フェア」が開かれています。軽井沢ヴィネット最新号やバックナンバーも揃っております。お立ち寄りの際にはどうぞご覧くださいませ☆
フェアは8月11日(木・祝)までです。

posted by 橘かがり at 12:57 | TrackBack(0) | 旅行・散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする