2024年01月30日

寒中お見舞 年末の京都旅行



寒中お見舞い申し上げます。昨年は大変お世話になりました。年末には夫婦で京都に出向き、母方親族の眠る黒谷の栄摂院にお参りをしてきました。
翌日は知恩院をお訪ねしてから、以前から訪ねたかった岩倉の妙満寺を訪ねました。松永貞徳作の風情あふれる雪の庭を堪能しました。円通寺と実相院もお訪ねして、その後大原まで足を伸ばし、20年ぶりに寂光院を訪ねました。以前お訪ねした時は火災の前でしたので、感慨深い思いで手を合わせました。
翌日は枳殻邸とも呼ばれる渉成園を訪ね、枳殻(カラタチ)の花が咲く頃に思いを馳せました。ランチを済ませてから金閣寺へ。金閣寺をお訪ねするのは20年ぶりでしたが、大混雑ぶりを見せつけられ、あらためてover tourism問題を考えさせられました。それから狩野探幽の雲龍図を拝見しに妙心寺へ。妙心寺は塔頭の多さで知られていますが、広大な敷地と荘厳な気配に感動しました。お気に入りの漬物店で母の好きだった千枚漬けを買って帰路につきました。京都に移住した友人K子さんとも再会でき、幸せなひと時でした。コートなしでも歩けるほど暖かく、冬の京都を満喫しました。帰宅してから風邪をぶり返し咳喘息になり、文字通りの寝正月になってしまいました。寒中見舞いを書きながら、静かに過ごしました。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
能登半島大震災で被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈りします。
posted by 橘かがり at 16:56 | TrackBack(0) | 旅行・散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月31日

代官山ノエル


1

2

3

4

5

6

7


代官山の本多記念教会の新礼拝堂がついに完成しました。母の葬儀でお世話になった牧師先生にご挨拶しに、クリスマスイブの夜、代官山に向かいました。
代官山ノエルという催しには、何と! 牧師先生のお隣に天台宗、真言宗、曹洞宗、浄土宗、日蓮宗などの仏教の僧侶たちが並び、美しいご声明と般若心経を聴かせてくれました。執着をなくすことが説かれ、皆で讃美歌を歌い、世界の平和を祈りました。何事にも執着の強い私には、耳の痛い、でも大変ありがたいお説教でした。

折しも川越宗一氏の『パション』を読んでいるところです。日本でかつてキリスト教徒が激しく迫害され多くの信者が処刑されたのは皆さまよくご存知かと。この作品は苦難の果てにローマに渡り、イエズス会に入り司祭となり、1632年禁教下の日本に戻り、果敢にも布教活動を続けた小西マンショの生涯を軸に描かれます。1644年処刑されるまでのマンショの波瀾万丈の一生に焦点を当て、異文化との出会いと衝突、争いの果ての希望を、あますところなく描き上げた傑作でした。異文化の衝突による争いが未だ収まる気配の見えない現在の世界ですが、希望を捨てず平和を希求していかねば…と思いを新たにしました。

今年も大変お世話になりました。ブログを読んでいただき心より厚く御礼申し上げます。新年のご挨拶は控えさせて頂きますが、来年もどうかよろしくお願い申し上げます。皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。

感謝をこめて  橘かがり拝

posted by 橘かがり at 16:58 | TrackBack(0) | 季節の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月30日

母の旅立ち

a
a posted by (C)橘かがり

b
posted by (C)橘かがり

c
c posted by (C)橘かがり

11月18日早朝 母美沙子が急逝しました。花と猫が大好き、孫娘を溺愛し、おしゃれでグルメ、いつまでも子どものように無邪気な人でした。前日までグループホームでふだん通り生活し、夜に鼻炎アレルギーのような症状を起こし、薬を飲み寝床に入り、翌朝職員の方が声をかけてくれたところ、既に呼吸していなかったそう。慌てて飛んで行きましたが、間に合いませんでした。眠るように安らかな表情でした。
日本基督教団の森下滋牧師により式を行って頂きました。花をいっぱい供えてお見送りをしました。 
生前のご厚情に心より御礼申し上げます。

posted by 橘かがり at 22:28 | TrackBack(0) | 友人・家族・親戚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする